"THE END" ミク - ルイ・ヴィトン仕様
(2012.6.18.)

先月、オーチャードホールにオペラ観に行ったんです。オペラ。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんかポスター貼ってあって、初音ミク、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、初音ミク如きで普段観てないオペラなんか観に来てんじゃねーよ、ボケが。
初音ミクだよ、初音ミク。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で初音ミク。おめでてーな。
よーしパパ、等身大ミクちゃんの写真撮っちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、Miku-Cafeの入場券やるからその席空けろと。
オペラってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
歌手や演出をめぐって客同士でいつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、ニコ動で千本桜でも聴いてろ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、なんだエヴァのパクリか、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、エヴァのパクリなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、エヴァのパクリか、だ。
お前は本当にエヴァのパクリと思っているのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、エヴァのパクリって言いたいだけちゃうんかと(略

※「THE END」については雑記を参照してください。


戻る

このページの文章及び画像の無断転載は認めません。
The unauthorized use to other Web sites of
"Text and image that Same. produced" used on this Web site is prohibited.
2013. Same., Fancy Free